· 

他人

 

私はあなたと同じ人ではないから

 

あなたが私と同じである必要はなくて。

 

ここにあるのは1+1=1ではなくて、

 

1+1=2であること。

 

 

その境目がわからなくなってしまったら、

 

私はあなたとキョリをおこう。

 

私が届けることが出来るように。

 

 

 

糸電話でも紙ヒコーキも壁越しのお喋りも、

 

どれかが偽りであっても、

 

どうか届けることを出来ますように。

 

 

 

 

 

enn rokuha